まちcomiリサーチ

無料モバイル緊急連絡網『まちcomiメール』が、小学生の保護者を中心に実施している、『まちcomiリサーチ』の結果をご報告いたします。

第58回まちcomiリサーチ 「夏休みの過ごし方と学習への取り組みについて」に関する意識調査

ドリームエリア株式会社は、無料の緊急連絡網ツール『まちcomiメール』を利用している保護者の方々を対象に、『夏休みの過ごし方と学習への取り組みについて』についてのアンケートを実施いたしました。

調査期間 2015年6月18日(木)〜2015年6月21日(日)
調査方法 モバイルサイト上のアンケートフォームにて回答
調査対象 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県の
小学校・中学校・高等学校のまちcomiメール会員
調査対象数 631,417名(2015年6月18日現在)
有効回答数 10,478件

「まちcomiメール」を利用している保護者631,417名を対象に、「夏休みの過ごし方と学習への取り組みについて」に関する保護者の意識調査を実施。うち、10,478名の保護者から回答をいただきました。

1年間で最も長い夏休み、昨年は計画通りにいかなかったと感じている方が多いようです。

今年の夏休みはどのように過ごされるのでしょうか?

[質問1]もうすぐ夏休みですが、お子さまの勉強面でお悩みはありますか?

― 7割以上の方が勉強面でのお悩みを持たれているようです

7割以上の方が、何かしらのお悩みを抱えているようです。

具体的にどのようなことに悩まれているのか、どのように対応していくのか、次項以降で見ていきましょう。

もうすぐ夏休みですが、お子さまの勉強面でお悩みはありますか?

[質問2]お子さまの勉強面で、お悩みがあるとすれば、どのようなことですか?(いくつでも)

― 苦手科目の克服については、多くの方が継続して悩まれていることが考えられます

「苦手な教科がある」に最も多く回答が集まりました。続いて、「学習習慣が身につかない」「やる気が起きない」という結果に。

前回のリサーチでも、学習面での悩みとして最も多かったのが「苦手科目」でした。

新学期が始まり約3ヵ月たちますが、苦手な科目を克服することは難しいことがわかります。

お子さまの勉強面で、お悩みがあるとすれば、どのようなことですか?(いくつでも)

[質問3]お子さまは昨年の夏休みに、どのようなタイプの学習に取り組まれていましたか?(いくつでも)

― 昨年はご自宅で学習に取り組まれた方が多いことがわかります

昨年の夏休みは、ご家庭で自主学習もしくは通信教材や塾の夏期講習に取り組まれた方が多いようです。

学校生活の中で一番長いお休み中の学習について、次項で具体的な昨年の振り返りについて見てみましょう。

お子さまは昨年の夏休みに、どのようなタイプの学習に取り組まれていましたか?(いくつでも)

[質問4]昨年の夏休みを振り返ってみたとき、「もっとこうすればよかった」と思われることがあれば、ご記入ください。(自由回答)

―多くのご意見をいただきました。 ※以下、一部抜粋したものをご紹介いたします。  回答数:4,440件

総評

たくさんの方に回答していただいた中で一番多かったキーワードは「計画」。

長い休みなので「きちんと計画を立てて学習するべきだった。」といった回答が多く寄せられました。また、「計画は立てたけど、その通りに実行できなかった。」方も多く見受けられました。

楽しい夏休み、なかなかお子さまだけではご自宅で計画通りに学習を進めるのは難しいのかもしれません。保護者の方もお忙しい中で「子どもの学習状況をきちんとチェックできなかった。」との回答も多数ありました。

意見抜粋
  • 目標を定めた方法で勉強させれば良かった。
  • 夏休みに入ってから計画しても遅い、塾も定員数いっぱいだった。
  • 親がもっと隣で勉強を見てあげられる時間をつくってあげればよかったかな。
  • 苦手科目を1日少しづつでも復習させてたら、夏休み残りわずかな時間で慌ててやる事もなかったかなと思いました。
  • 家だとだらだら勉強してるだけで、逆に集中できずにいたため夏期講習などに参加させたほうが良かった。
  • なかなかヤル気が起きずに夏休み後半に宿題を溜めてしまったので、自由研究ができなかった。最初から計画して週単位で活動計画を立てていれば良かった。
  • 自主学習のやり方がわからず、効果的な学習方法では無かったので、塾に通わせた方が良かったとは思いますが、4年生のうちに塾に通わせた方が良いのか迷う。
  • 自分で立てた計画表を見える所に貼って、計画通りに勉強などが進められるようにすればよかった。
  • 苦手な科目の復習問題をたくさん計画的にやること。
  • 夏期講習と塾の宿題でよく勉強した年であった。
  • 自分で計画を立てさせ、実行できなかった日の対処など一緒に考えるなど、放ったらかしにしないでもう少しかかわればよかったと思う。
  • もっと一学期の復習が出来たらよかったです。
  • 毎日少しずつでも、計算ドリルや漢字、読書など、朝早い時間に継続的に行えば良かったなと思いました。
  • 勉強が大切と思ってきましたが、同じ位、親子で共有する時間を持つ事が大切だと思った。ゆっくり過ごした分秋からのやる気にも繋がった気がした。
  • 通信教育の教材をやっているのですが遊びたいからまとめてやっていたりすると、一週間くらいなにもしない日もあったので、毎日少しをやるというのを習慣にしたら毎日机に向かえたのにと反省しています。
  • 夏休みの学習の予定表と毎日の学習の予定表を考えてやればよかったと思いました。
  • 夏期講習に行かせるなど、勉強に集中できる時間を作れば良かったと思いました。

[質問5]今年の夏休みの学習計画は立てましたか?

― これから計画される方が半数以上という結果に

半数以上の方は、これから夏休みの学習計画を立てられるようです。

昨年は、あまり計画通りにいかなかったという意見が多い中、今年はどのような計画を立てられるのでしょうか。

今年の夏休みの学習計画は立てましたか?

[質問6]夏休み中、お子さまにがんばってほしいと思われる科目は何ですか?

― 2人に1人が基礎となる科目の「算数・数学」と回答されました

2人に1人が、「算数・数学」と回答されました。続いて多かったのが「国語」。

基礎となる科目を重視されているようです。

夏休み中、お子さまにがんばってほしいと思われる科目は何ですか?

[質問7]お子さまにとって、夏休み中の勉強はどのような方法が効果的だと思われますか?(いくつでも)

― 昨年の夏休みの振り返りから、塾の夏期講習と回答された方が最も多い結果に

「塾の夏期講習」と回答された方が4割以上と最も多い結果に。

昨年の夏休みの反省点として、「計画通りいかなかった」という意見が多かったことからも、夏期講習で決まった日程、時間に学習時間を確保できることは、夏休みの学習に効果的と考えられる方が多いのかもしれません。

お子さまにとって、夏休み中の勉強はどのような方法が効果的だと思われますか?(いくつでも)

[質問8]お子さまが塾の夏期講習に通うとすれば、どのような目的で通塾されますか?(いくつでも)

― 苦手科目の克服は最も学習塾に相談したいお悩みのようです

最も回答が多かったのは、お子さまの悩みとしても一番多くあげられた「苦手科目の克服」でした。

夏休み「苦手科目の克服」のためには、自主学習だけでは難しく、プロの指導を受けたいと考えられている方が多いことがわかります。

お子さまが塾の夏期講習に通うとすれば、どのような目的で通塾されますか?(いくつでも)

[質問9]お子さまが塾の夏期講習に通うとすれば、どのような形式がお子さまに合うと思いますか?

― お子さまに一人ひとりに合わせた丁寧なサポートを重視されている結果になりました

過半数の方が、「少人数で細かくみてくれる個別指導塾」と回答されました。

お子さまによって苦手な科目や学習に対する悩み・レベル、または性格も人それぞれです。

1人ひとりに丁寧にサポートしてくれる個別指導塾は、お子さまにとって効果的な学習方法と考えられる方が多いようです。

お子さまが塾の夏期講習に通うとすれば、どのような形式がお子さまに合うと思いますか?

[質問10]どのような夏期講習であれば、お子さまを通わせたいと思いますか?(いくつでも)

― 克服が難しい苦手科目を1科目から重点的に学べる夏期講習は魅力的なようです

「1科目からでも利用できる」「レベルに合った勉強ができる」「少人数で指導してくれる」に多く回答が集まりました。

夏期講習に行く目的として多かった、「苦手科目の克服」。

苦手な1科目だけでも集中して勉強ができ、レベルに合わせた指導をしてくれる夏期講習が魅力的なようです。

どのような夏期講習であれば、お子さまを通わせたいと思いますか?(いくつでも)

リサーチ結果をお送りいたしました!
以下のPDFファイルでもご覧いただけます。ダウンロードしてご覧ください。