まちcomiリサーチ

無料モバイル緊急連絡網『まちcomiメール』が、小学生の保護者を中心に実施している、『まちcomiリサーチ』の結果をご報告いたします。

第46回まちcomiリサーチ 「年賀状について」に関する意識調査

ドリームエリア株式会社は、無料モバイル緊急連絡網『まちcomiメール』を利用している保護者の方々を対象に、『年賀状について』のアンケートを実施いたしました。

調査期間 2013年11月14日(木)〜2013年11月17日(日)
調査方法 モバイルサイト上のアンケートフォームにて回答
調査対象 『まちcomiメール』を利用した不審者情報を携帯で受信している保護者
調査対象数 1,109,182名(2013年11月14日現在)
有効回答数 19,044件

「まちcomiメール」を利用している保護者1,109,182名を対象に、「年賀状について」に関する保護者の意識調査を実施。うち、19,044名の保護者から回答をいただきました。

家庭に仕事と忙しい時期を見越し、早めに年賀状の準備をされている人が多いようです。また、もらって嬉しいデザインやクオリティを重視する人が多くいらっしゃいました。

[質問1]毎年、年賀状を何枚もらいますか?

― 実に、99%以上の人が、毎年、年賀状を受け取っているとの回答でした

最も回答が多かったのが「30枚以上」。「200枚以上」もらうという人もいらっしゃいます。

一方、「もらわない」と回答された人は、わずか0.4%となり、99%以上の人が年賀状を受け取っていることになります。

年賀状は、日本人にとって毎年の習慣になっていることが伺えます。

毎年、年賀状を何枚もらいますか?

[質問2]どのような方から年賀状が届きますか?(いくつでも)

― 普段なかなか連絡を取れない人だからこそ年賀状を送るという人も多そうです

約9割の人が、「親族」、「1年以上会っていない昔からの友人・知人」と回答されました。

質問4では、年賀状を送る理由として、「人のつながりを感じられる」と回答された人が多く、年賀状は、普段なかなか連絡を取れない人との大切な交流の機会となっているようです。

どのような方から年賀状が届きますか?(いくつでも)

[質問3]年賀状を送ったことがありますか?

― ほぼ全員の人が、年賀状を送った経験をお持ちでした

最近では、年賀メールを利用される人もいらっしゃいますが、ほぼ全員の人が、年賀状を送った経験があると回答されています。

家族の写真つき、全て手書きなど、年賀状ならではの様々な工夫をされているのではないでしょうか。

年賀状を送ったことがありますか?

[質問4]年賀状を送る理由は何ですか?(いくつでも)

― 年賀状は、普段なかなか会えない人と人をつなげる役割も担っているようです

「普段会わない人と連絡をとる良いきっかけ」と回答された人が7割以上。質問2で「1年以上会っていない昔からの友人・知人」と回答された人が8割以上いることからも、年賀状は新年のご挨拶だけでなく、お互いの近況や元気に過ごしているかを確認し合う手段にもなっているようです。

また、「もらうと嬉しい」との回答も多く、毎年の楽しみとして捉えている人が多いと分かります。

年賀状を送る理由は何ですか?(いくつでも)

[質問5]年賀状はいつ頃から準備しますか?

― 元旦に届けるためにも、12月下旬までに準備する人が8割を超えました

「12月上旬」から準備される人が最も多い結果になりました。

郵便局から、12月25日までに投函すれば元旦に届くと公表されているためか、12月下旬までに準備される人が8割を超えています。

年末は大掃除など、家事や仕事が忙しくなることを予想し、早めに準備をされる人が多いようです。

年賀状はいつ頃から準備しますか?

[質問6]お店やネットで注文するとしたら、何を一番重視しますか?

― もらうと嬉しい年賀状だからこそ、デザインやクオリティにこだわる人が多くいらっしゃいます

一番重視される点として、「デザイン数・クオリティ」が「価格の安さ」よりもわずかに多い結果になりました。

1年に1回しかないイベントだからこそ、「手間」、「値段」がかかったとしても、こだわりをもって取り組みたいという姿勢が伺えます。

お店やネットで注文するとしたら、何を一番重視しますか?

[質問7]年賀状を外部(お店など)に注文するとしたら、どこに注文しますか?

― 4割以上の人が、デザインが豊富でサンプルの確認もできる写真店を選択されました

4割以上の人が「写真店」と回答。

質問6でデザインやクオリティを重視される人が多いことからも、デザインが豊富でサンプルなども確認できる「写真店」は、比較的手軽に注文できる「ネット注文」や「スーパー・コンビニ」よりも人気があると考えられます。

「写真店」では、レイアウトの相談など年賀状相談員がいる所もあり、いざという時安心ですね。

年賀状を外部(お店など)に注文するとしたら、どこに注文しますか?

[質問8]年賀状を作る際、困ったことはありますか?(いくつでも)

― どの回答も選択する人が多く、自作する人の抱える悩みは複数であることが考えられます

「印刷ミスで、はがきを無駄にしてしまう」、「インク代が高い」との回答が多く、年賀状を自宅で作成している人は、プリンターのインクがかすれたり、写真がキレイに印刷できないなどの悩みをお持ちであることが予想されます。

年賀状を作る際、困ったことはありますか?(いくつでも)

[質問9]年賀状の準備は大変だと感じますか?

― 外部に注文、自作、いずれにしても年賀状の準備は大変な作業のようです

8割の人は、年賀状の準備は大変と感じているようです。

しかし、今回のリサーチ結果より、年賀状はほとんどの人が送っていることが分かりました。年賀状はコミュニケーションを取る手段として大切にされており、習慣として毎年取り組まれる人が多いのではないでしょうか。

年賀状の準備は大変だと感じますか?

リサーチ結果をお送りいたしました!
以下のPDFファイルでもご覧いただけます。ダウンロードしてご覧ください。

まちcomiリサーチの寄付活動について

いつもまちcomiリサーチにご協力下さるみなさんのお子様に向けて何かできないかと考え、ご回答いただいた人数に合わせて、まちcomiから子どもを支援する非営利団体に寄付をしております。

第46回まちcomiリサーチはご回答いただいた人数×1円をまちcomiから「認定NPO法人 NPOカタリバ」へ寄付します。

今回は、NPOカタリバを通じて、東日本大震災で被災した子どもたちに学習指導や心のケアを行うための放課後学校「コラボ・スクール」へ微力ながらご支援させていただきます。

今回の寄付額 19,044件(回答件数)×1円=19,044円
現在の寄付金総額 798,207円

※寄付先については、まちcomiリサーチトップページの「現在の寄付先」を参照してください。